2020年7月13日月曜日

2年ぶりの“世田谷の601”【保存車めぐり】

世田谷区の宮坂区民センターにある旧東急玉川線→江ノ電601号車がふるさと納税で修復されて2年経ちました。
コロナ対策の状況視察ということで先日様子を見てきました。
若干の汚れと痛みはありますがさすがに状態は良好ですね!

車内に入ると…
運転台周りはさすがに痛みは隠せない様子

ふるさと納税と並行して募集された写真も寄付者の芳名帳も色褪せず掲示されています。

座席のしるしは痛みではなくソーシャルディスタンスのためテープを貼って座らない場所を設けています

オリジナルの張り紙も貼られて換気と間隔開けを促しています。
窓が開けられるってうらやましい…

訪れたのは平日の午前中でしたが、この時間には近くの託児所のお子さま達の散歩の散歩の途中に立ち寄っているのに出くわしたのでワタシはさっさと引き上げました(笑)。
このご時世ではありますが、やはりお子さまはこういった保存車は喜ばれるものですね。

にほんブログ村参戦中
にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ

2020年7月11日土曜日

【73rd】今回も換気&清掃活動(引き続き無観客)

まだデハ601はコロナ対策で閉鎖されたままですので、7月第二土曜の本日も前回同様来訪のお客様を入れない状態で活動してまいりました。


梅雨時なので雨もりがおおく、置いておいたバケツは満杯!
ということで床の水気を取り、

プラットホームの隙間から生えてきた雑草を全員で手分けして刈りました
アフター
いつもなら業者さん(?)が公園全体を草刈りするついでに刈ってもらえるのですが、閉鎖中で鍵がかかっている状態なので活動日ごとにやるしかないですねっ。

固まって開けづらくなっていた窓をハンマーでたたいて調整したり、

各所にたまったサビの粉を叩き落としたりもしました。




やはり閉鎖しっぱなしで普段より余計に湿気がたまるようで、いたるところ劣化が進んでコケまで生える有様。
やはり常日頃から人が入っているのといないのとでは違うものですね。

次回8月も封鎖が解かれない限り同じくクローズ状態での活動となるでしょう。

 にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ

2020年6月18日木曜日

都5200形の最期【2006】

ステイホームにかこつけて持ちネタを披露するパターンの最近の投稿が案外評判が良いので(笑)好評に応えて今回は東京都交通局5200形についてアップいたします。
2003年11月 浅草線内で新1000形と並ぶ5201編成

都営浅草線最初のステンレスカーだった5200形は6両編成×2本から8両1本だけになってから京急線に入ることはほとんどなかったのですが、久里浜工場での解体のため廃車回送で久々に京急線を走りました。
2006年12月20日、廃車回送で神奈川新町に到着、快特待避のため停車時間があり、最後とあって職員の皆さんも興味津々で見物しています

退避を終え、二度と戻らない神奈川新町を後にします

翌2007年1月、久里浜工場をのぞくと無架線地帯で解体が進められていました
5203(?)

5209(?)
画像左のシート内では(おそらく)5204号車がバーナーで床下機器を焼き切られています

下り方先頭車の5201号車はなぜか編成順序が変えられて中間車とつながっています

5202(?)
この車を初めて見た時は連結面に種別と行先幕が振分けられているのに斬新さを感じたものです
ひそかに琴電あたりで再起することを期待していたのですが少数製造の異端車の悲しさで鉄くずと化してしまったのでした。

にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 京急線へ

2020年6月13日土曜日

3か月ぶりの無観客活動終了【72nd】

コロナウィルス流行に関わる緊急事態宣言が解除されましたので、3月分定期活動以来3か月ぶりにこっそり活動してまいりました。
逗子は梅雨入りしてすっかり雨模様

しかし緊急事態宣言が解除されたものの“三密”対策が十分に取れないという逗子市サイドの判断により当面の間デハ601は開放されません
600形ファンの皆さまには申し訳ないのですが、↑画像のフェンスの外からの見学にとどめてくださいm(__)m

われわれデハ601保存会メンバーは事前にお伺いを立てたところ、一般の来訪者を入れない状態であれば活動しても良いとの返答をいただいたので第二土曜日の本日(6/13)現地入り。電車内の空気の入換えを兼ねて車内清掃を軽く行いました。

折からの雨で車両外部の清掃などは断念しましたが、雨漏り個所の再確認などは行えました。

次回以降の活動も現時点では同じようにメンバー以外は車内にお入りいただけない厳しい活動となりそうです。いずれ元通り開放されるようになる日が来るのを信じて活動していきたいと思います。

にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ

2020年6月5日金曜日

京成3700形の東急車輛出場シーン【2002】

コロナウィルス流行による非常事態宣言は解除されたものの、逗子のデハ601はいまだに閉鎖中。
東京アラートとやらも発令されて予断を許さない状況ですので、おこもり支援の小ネタをもう一丁アップいたします。

筆者のメモによると2002年3月18日、デハ601の生まれ故郷でもある東急車輛製造(現:J-TREC横浜事業所)を京成3858編成が出場。
とっくに京急線内での運用が始まっていた形式のため牽引車に牽引される必要がなく、前回の新1000形と違って白昼堂々自力走行で京成線に向かいます。
引込線を出ていくピカピカの3868編成
車両が通行することがあまりない場所ですので、思わぬ足止めを食らった自転車のご婦人(上画像右隅の方)が列車通過後にイライラした感じで「ここを電車が通っているのを初めて見たわ」といいながら走り去っていったのが印象に残りました。

金沢八景で折り返し、京急線を上っていく3868編成

後を追って京急川崎で2100形との並びを撮影・・・ひどい逆光ですが。
つい先日(6/2)も都営5516編成がJ-TRECを出場した様ですが日没後でしたので、京成車については日中のパターンもあるのです。
通称“ターボ君”による牽引輸送についてはこちら

にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 京急線へ

2020年5月23日土曜日

【京急電車ネタ】新1000形誕生!

 東京・神奈川の緊急事態宣言も解除が見えてきたところですが、またおこもり支援になりそうな(?)ちょっと前の京急電車ネタを発掘してきました。
最近フルSiCパワーモジュール対応VVVF制御の編成がようやく乗り入れ解禁になったことで話題の、新1000形のトップナンバー編成(1001~1008)が落成したころです。
2002年2月23日未明、東急車輛で完成して自力で出場していく1001編成
※運転士側にフラッシュは使えないので後打ちです

京急線内に入り金沢八景2番線に到着。その後久里浜工場に向かって行きました。

 構内試運転などを経て3月15日、全線試運転が行われました。
黄金町にて。未更新だった1649編成の上り快特の通過の後、、、

ピカピカの1001編成が駆け抜けていきます

後続列車で追い抜いて、、、
品川3番線に到着するところを撮影。
その後別のネタに転戦したので追っかけはここまで。

この1次車は2100形の3ドアバージョンでしたが、その後アルミからステンレス車体に変更されたりバリエーションを増やしつつ、旧1000形並みの京急最多勢力になったのはご存知の通りですが、違うバージョンのはいずれ触れましょうかねぇ…

にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 京急線へ

2020年5月7日木曜日

5月活動中止のお知らせ

地元メンバーより、緊急事態宣言を受けてデハ601の立ち入り禁止期間が延長されたという情報が入りました。
そのため今月も現地での活動は中止いたします。
↑当保存会メンバー撮影

そのかわり当会が応援するこちらの「情熱の赤」クラウドファンディングにもご注目下さい↓
https://readyfor.jp/projects/type1200project
5/3スタートでしたが、先ほどあっという間に達成されました!
そしてネクストゴールにはデハ601の兄弟車の琴電1070形の登場時カラー(いわゆるファンタゴンレッド)化が設定されていますので、そちらも期待できそうですね。