2018年12月11日火曜日

ことでん初体験【2005】

還暦の赤プロジェクト”さまの後方支援の意味で、ワタシのことでん初乗車の時の画像をアップ致します。2005年11月、誘われて高松に行ったときの画像です。
1080形のなかで唯一現存しない1089編成
琴平線カラー化され、仏生山で乗務員教習に供されていました。
やはりこの前年の高潮被害で調子が悪かったのでしょうか…

工場前にいたデカ1
ボロボロな状態でした

本線を挟んだ反対側の留置線の1103編成
よく見るとその奥に今はなき1060形(元阪神)と760形が確認できます。

以前京急線内の1000形との併結回送をアップしたことがある1215編成
現在は下半分をグリーンに塗り替えて長尾線塗装になっています。

その1215編成に乗って琴平まで一往復。1番線の1101編成は停泊中です。

瓦町に引き返し、当時は平日の長尾線増結用として現役だったレトロ電車が土休日にもサービスで運用入りしているというポスターを見たので狙って乗ってみました。
長尾に到着。この頃の500号は“ファンタゴンレッド”の旧標準色

この日の相棒=120号との連結部

120号の車掌台。仕切りがポールだけの現役電車は初めてだったかも…

高松築港に到着。すさまじい縦揺れだったのが印象的でしたw

後を追って到着した黄色い1205編成

レトロ電車と廃車予定だった1060形を除き現行の路線別カラー化が完了したところだったようで、ファンタゴンレッド塗装の1070・1080形はタッチの差で実見できなかったのは少々残念でした。。。
とはいえ遠い四国の地で慣れ親しんだ京急電車がピンピンしているのを見た感激は忘れられません。
ここの1080形が赤に白い帯の京急カラーで走ればまた感動的なことでしょうねぇ。
↑と強引に還暦の赤プロジェクトに関連付けて締めます(笑)。
2度目のことでん乗車はこちら

にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 京急線へ

2018年12月8日土曜日

【56th】定期活動終了しました。

第2土曜日の本日12月8日、逗子での定期活動を行って参りました(`_´)ゞ
今日も“還暦の赤プロジェクト”さまの応援ということでヘッドマークに琴平行きの疑似表示
(By しゃしょさん)

車内ももちろん吊り広告を掲示。

今日は今年最後の活動日ということもあって大掃除のつもりで念入りに清掃しました。
いつものカーシャンプーによる床みがき(生乾き状態)

前面窓を水洗い。手すりや戸袋内側など車内各部も雑巾がけしました。

さらに“西駅東口”氏はいつもの連結器へのオイル差し

下回りを探ってみると、欠損していた前面ワイパーと思われる棒が機器に引っ掛かかっているのを発見。以前誰かがぶら下がって折ったようで大きく歪んでしまっています。

終わり間際に表示を「快特 マリンパーク」に変更

公開終了の16時が近付いたので作業は切り上げ。
観察すると、ドアにかけられたステップの上に留められたゴムシートのネジが効かなくなっており、めくると木の板が水を吸い過ぎて完全に腐っていました。
どうりで最近足を踏み込むと沈むと思った。。。

窓枠のカーテンレールもよく見ると歪んでいる箇所がありました↓
イタズラですかねぇ…

ひとまず今年の活動はこれで終了。今回も多くのお子様連れのお客様が来訪され楽しんで行かれました。来年もいっそう作業を進めたいものです。

 にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ

2018年12月5日水曜日

【予告】12/8定期活動します

今月も第二土曜日の12/8、11:00より16:00まで逗子第一運動公園でデハ601の定期活動を行います。
いよいよ追い込み時期となった“還暦の赤プロジェクト”の応援活動を引き続き行いながら、大掃除のつもりで電車の清掃をちょっと念入りに行います。
もちろん活動中でも電車で遊ぶのは大歓迎です。お気軽にどうぞ♪

それと、年末恒例の京急百貨店(上大岡)での「京急鉄道フェア」が12/27~30の4日間開催されるのですが、目玉の鉄道コレクションはわれらが旧600形冷房車がついに模型化!!
↑画像はその鉄コレではなく以前プラキットで作ったデハ601ですが…
ちなみにプレミア盤セットに付くフォトブックは当保存会が監修にかかわっております。そちらの内容もどうぞご期待ください!

京急鉄道フェアの詳細はこちら↓
http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20181130HP_18198CK.html
にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ

2018年11月25日日曜日

デハ1000形写真展in268【ホビセン】

↑あり得ないけどとてもしっくりくるヘッドマーク♪

本日11/25 “還暦の赤プロジェクト”に関連してことでん貸切乗車団の皆さんによるデハ268イベントが開催されました。
以前カトーの方と私たちで行っていた公開イベントの発展形とのことでしたので様子を見て来ました(*`・ω・)ゞ
準備中

よーく見ると運転台の窓に小さいけいきゅんとことちゃんファミリーが。。。

11時からイベントスタート!
ヘッドマークも本物と複製品を織り込んだバラエティに富んでいたので一部をご紹介
ダルマ急行

運番付きの浦賀行き

で、ここからが真骨頂。琴電に渡った30形がリバイバルで赤に戻ったら…という趣向だそうです
高松築港

長尾

さようなら30形×2種
2007年の30形引退時に付けられてたヘッドマークの複製品ですが、赤色で非貫通のデハ268にも妙に調和します。

一方、車内の様子は、、、
貸切乗車団の皆さんが撮ったものや募集をかけて集めた写真、関連部品などを大量に陳列。
ちなみにいくつか私たちの提供した写真もあります。

展示品に見入る来場の皆様。
小学生以下の方は運転台見学も可能でした。

模型の京急・ことでんの電車も大集合!

撮影の方も車内見学の方も絶えないなか16時をもってイベント終了

終了後、日が暮れていきました
 今回のイベントは盛況のうちに終わったようです。
 この勢いで“還暦の赤プロジェクト”も目標金額を達成してもらいたいものです。

にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 京急線へ

2018年11月21日水曜日

1000形と地平時代の京急蒲田

11/25ホビーセンターカトー東京でのことでん貸切乗車団様のイベントを間近に控えた所で
あと30日で終了期限となる還暦の赤プロジェクトのささやかな後方支援として、高架化工事が始まる前の空港線京急蒲田付近のスナップをアップいたします。

1999(平11)11月
早朝なので露出が稼げずブレてますが…
早朝の羽田空港直通特急として国道一号の踏切を渡る1283編成。
この頃は上り本線から空港線に入るには品川方でスイッチバックしていました。

京成3411編成の急行 京成成田行き

2018年現在では去就が注目される5306編成の特急 羽田空港行き
ここは単線かつ国道との平面交差ですので電車もクルマも通過に難渋する交通難所でした。

2000年7月
こちらは糀谷寄りの複線になるポイント
通過するのは幕表示だった京成3791編成のエアポート快特

京急蒲田‐羽田空港ローカル運用に就く1243編成
先ほどの空港直通特急で空港線入りすると、しばらく空港線内普通や北総線直通急行(まだエアポート急行ではない)に入るのが1000形の日常でした。

で、かわりばんこにやってくる北総7050形
本家(?)京成赤電一族は来なくてもこの車はほぼ毎日見られました。

当時の都市基盤整備公団のエース9100形

エアポート快特の花形だったクロスシート時代の新600形
高架化が完了した今となっては地上時代のこの辺りの風景も懐かしいものです。

せっかくなので動画も
どことな~く琴電瓦町駅周辺と似た雰囲気に思えてきたので、クラウドファンディングが成功すればこの辺を走る1000形を思い起こさせる光景が見られるってことですね♪

にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 京急線へ